Menu

カステラの製造方法

Home

美味しいカステラが出来まで

step 1

1、「ありがとうカステラ」に用いる原材料には、新鮮な卵、砂糖、小麦粉、水あめ、蜂蜜を用います。
当店では添加物、保存料は使っていませんので、素材の味をそのまま活かした優しい味わいが楽しめます。
もちろん安全・安心なので、小さなお子様からご年配の方まで美味しいくお召し上がりいただけます。

step 2

2、まず、生地を作ります。
当店では供立て法を使います。
卵の黄身と白身を分けずに砂糖を加えて泡立てます。
こうすることで、キメが細かい泡ができ、カステラをやわらかくしっとりとおいしく仕上げります。
美味しいカステラを作り上げるために最適の製法として採用した当店こだわりの製法です。

step 3

3、さらに水あめと蜂蜜を加え、撹拌します。

step 4

4、そのあと小麦粉を加え、さっくりと撹拌します。
ふんわりとした食感を作り出すためにはこの「さっくり」とした撹拌の手加減が重要になります。

step 5

5、木枠に枠紙を貼ります。

step 6

6、枠紙に生地を流し込みます。それを200℃程の高温の窯に入れます。

step 7

7、焼き始めのころに数回、窯から取り出し、泡切りという作業をします。
泡切りをすることで大きな気泡を取り除き、均一で、きめの細かい生地にします。

step 8

8、窯に入れてから約一時間で焼きあがります。
焼きあがったカステラは、すぐには切り分けず、荒熱をとり一日寝かせてから切り分けます。そうすることで、カステラのしっとり感が増し、味わいが深くなります。